見出し画像

Tea as medicine(お茶の力)

古代より、お茶を飲むことは健康を促進すると信じられてきました。そして近年の医学研究により、その信念は正しいらしいということが次々に証明されています。

例えばチャノキ(Camelia sinencis)は数千年に渡って栽培されていますが、現代では医療的な目的で利用されることもあります。カフェイン、カテキン、テアニン(アミノ酸)などを含み、葉の抽出物であるシネカテキンスは尖圭コンジローマという性病の治療において実際に承認されています(米国)。

お茶は世界中で人気の飲み物であり、その医学的効用が示されることはとても嬉しいことです(緑茶を好むハリウッドセレブも多いですね)。

緑茶や紅茶に癌の予防効果があることや、心血管疾患(高血圧や心筋梗塞など)や代謝障害(糖尿病など)の抑制にも効果がある可能性が示されつつあります。

特に多くの論文で示されているのは、緑茶や紅茶に含まれるポリフェノール要素が心血管疾患(特に動脈硬化や慢性心不全)の予防に働く可能性です。

加えて、アンチエイジングや糖尿病予防など、様々な健康増進作用がある可能性が示されつつあります。

特にエビデンスが蓄積されているのは、緑茶や紅茶の主なポリフェノール成分であるカテキンやテアフラビンがお茶が待つ生理的作用のほとんどを説明するらしい、ということです。

多くの病気を予防し、アンチエイジングを含めより豊かに生きる手助けをしてくれるお茶や紅茶。是非積極的に生活に取り入れてみましょう!

--------------------

お茶や紅茶が具体的にどのような病気を予防するのか?どれ位のエビデンスがあるのか?特にオススメのお茶・お店など、お茶の力について詳しく知りたい方は是非Sylbyのレッスンで一緒に勉強しましょう👍

<参考資料>
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4055352/

#お茶 #紅茶 #予防医学 #ウェルネス #学習 #知恵 #wellness #tea #ハーブティー

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Thank you! 有益だと感じたら友達にも教えてあげてください🙂
22

Wellness

パーソナルDr.コーチング『Wellness』は、医師とともに心身の課題やリスクと向き合い、ヘルスリテラシー を高めて効率的に予防ケアを行うためのサービスです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。